鉛半田と工業機械について

電子機器にはプリント基板が利用されています。

プリント基板と言うのは、電子部品を実装している板状の部品です。
プリント基板には、コンデンサー、抵抗器、ICやトランジスタなどの半導体などが実装されており、電子部品はプリントパターンのランドと呼ばれる部分で半田付けが行われているものです。

最近のプリント基板にはチップ部品と呼ばれる小型の部品が利用されています。

電子部品にはチップ部品とリード部品の2つの種類がありますが、リード部品の半田付けは半田装置と呼ばれる工業機械を使い半田付けが行われます。また、チップ部品は両面基板の場合、表面はチップマウンターの後段となる釜で半田付けが行われ、裏面は半田装置で半田付けが行われることになります。

電子産業において、チップマウンターや半田装置は無くてはならない工業機械でもあるのです。

近年環境問題から鉛が入る半田は徐々に減少しており、鉛フリーとされる半田が主流になりつつあります。

鉛が入る事で融点が低く出来ると言うメリットが有りますが、鉛は有害物質でもあり環境破壊への懸念がされているのです。

鉛フリーは融点温度が高くなりますので、共存を行う事は出来ません。

そのため、工業機械としての装置も、鉛フリーと鉛半田の2つが必要になるのです。

これは電子部品も同じであり、鉛が入るか入らないかで使い分けが行われているのです。

しかし、工業機械を使い分ける事で、環境にも優しい生産を可能にしてくれるのです。

http://www.maxeonsolar.jp/
http://www.hitachi-power-solutions.com/
http://www.powersports.co.jp/

千葉の太陽光発電のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

最近の太陽光発電のパネル情報のことならお任せください。

太陽光発電の学校を是非ご利用ください。

太陽光発電の施工の情報を要約した情報サイトです。

マンションの照明に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。